よくあるご質問-現地での生活

home_h1bottomline

■生活一般

Q ジョホールは治安が悪いという記事をガイドブックでみましたが本当でしょうか?

A 日本やシンガポールと比べると犯罪率は高いと思いますが、実際に生活をしてみるとそこまで悪いとは感じません

一昔前はお金持ちのシンガポール人などが遊びに来て引ったくりに合うということも多発したことがあるようですが、ジョホールは毎年、凄まじい割合で警官や街中の監視カメラの数を増やしており、犯罪件数も激減しています。

人口当たりの犯罪数では首都のクアラルンプール(あの移住先で大人気の!)の半分以下とのことです。

引ったくりは今でもたまに発生しているかと思いますが、そもそもマレーシアでは凶悪犯罪レベルのものは多くなく、銃や麻薬に非常に厳しい国なので、外国で生活をしているという常識的な自覚(夜に人通りが少ないところを歩かないなど)があればトラブルに巻き込まれる可能性は低いと思います。

Q ネットなどでジョホールの天気を見ると、いつも雷雨になっていますが?

A ジョホールは年中を通して雨が降る日が多く、時期によっては毎日スコールが降り、雷雨となることが多いのは事実です。このためネットなどの天気予報では毎日雷雨になっているのですね。

でも実は一日中降っているわけではありません。降らない日もあります。降っていない日・時間帯はすごく快晴だったりします。

予報はあくまで予報とお考えください。

Q デング熱が心配なのですが・・・

A 常夏ですから、一年を通して蚊は多く発生します。

したがって、コンドミニアムや外国人が多く住むような物件では蚊の駆除(煙のような薬剤)をしょっちゅう行っています。シンガポールも同様ですね。
家電屋さんでは、蚊を撃退する商品も売っています。

デング熱は確かに恐ろしい病気なのだと思いますが、過剰に意識しすぎるのもよくないのではないでしょうか。

正しい知識を持って、対策をとりながら生活するように心がけたいですね。

Q ジョホールに娯楽はあるのでしょうか?

A あまり期待はしないでください、これからの街ですので。。

とはいうものの、映画館やボーリング場、カラオケは当然ながら、レゴランドを初めとしたテーマパーク、アウトレットモール、変わったところでは、海老釣り場、レーシングカート場、ライブハウスなんかもあります。

スポーツであれば、ゴルフ場、フットサル場、サッカー場、バトミントンコート、テニスコート、ジム、プールなどはどこにでもありますし、アイススケートリンクも何箇所か建設予定になっています。

少し足を伸ばせば、蛍鑑賞が楽しめたり、船釣りをしたり、ビーチリゾートでサーフィンやジェットスキー、パラセーリングなんかもできちゃいます。もちろんダイビングもあります。

イベント系が非常に少ないですが、お隣のシンガポールではF1やコンサートなどのイベントが行われますので、そのときだけ遊びに行くのがいいですね。

Q 日本を出る前にしておいたほうがよいことは?

A いくつかあると思いますが、予防接種は受けたほうが良いと思います。外国の予防接種に詳しい医師に相談し、きっちりと準備をしましょう。
厚生労働検疫所 FORTH(http://www.forth.go.jp/)のホームページでは地域の予防接種推奨状況、予防接種実施期間などの検索ができます。

また、ジョホールに限ってはヘアカット(現地は単価も安いがレベルが・・・)や虫歯の治療(保険対象外)なども日本で済ませておくとよいかと思います。

Q 現地に着くとすぐに銀行口座を開設できますか?

A 数年前から外国人の銀行口座開設は難しくなってきています。マレーシアに口座を所有する明確な理由が必要となりますので、就労ビザや帯同ビザ(ガーディアンビザ/ディペンダントビザ)などを取得後に行う必要があります。現地で不動産を購入される場合など、特殊なケースにおいてはビザがなくても開設できる場合があります。

 

■買い物・食事

Q スーパーは充実していますか?

A イオンやテスコなどの外資系スーパーから地元スーパーまで、選択肢も豊富です。店舗情報の詳細はこちら

Q 現地で調達できない日本の食べ物はありますか?

A イオンやダイソーのおかげで、少し割高ではありますが、比較的どんなものでも調達ができるようになっています。新鮮な魚や肉は日本のようなレベルとはいきませんが、野菜はオーガニックのものも取り扱っています。

Q 豚肉無しでは生活できません!

A ごもっとも!ジョホールは中華系マレーシア人が多く住んでいますので、豚肉が食べられるお店も多いです。自宅で料理をされる場合の豚肉を購入したい場合は、イオンやテスコなどのノンハラルコーナーにも売っていますが、フレッシュマート(生鮮超市)というお店がお勧めです。

20140802_142543_1

サファイア8やヌサ・ドゥタの近辺にもありますが、ジョホールで何店舗か展開しています。

Q お酒も必要ですがありますか?

A 豚肉同様に、中華系のレストランやお店では普通にありますし、スーパーにも売っています。少し割高感がありますが、ジョホールにはタックスフリーゾーンもあり、その中ではお安くお酒をお楽しみいただけます。

Q お勧めのレストランはありますか?

A 弊社お勧めのレストランはこちら

Q 日本食レストランはありますか?

A 現地オーナーのレストランも入れると、数え切れないぐらい日本食レストランがあります。ただしマレーシア人が好む味は日本人とは少し異なっているので、行列ができているからといっておいしいとは限りません。

現地料理よりは単価も高いですが、物価そのものが低いため、それほど高額になることはありません。

魚や牛肉を直接日本から仕入れているレストランも出始め、日本人シェフも見かけるようになってきました。シンガポールで食べるより断然お得感があると思います。

専門店(定食屋、お好み焼き屋など)はまだあまりなく、日本食レストランが何でも屋になっている感覚です。ラーメン屋だけは専門店も増えてきています。

Q ローカルレストランは食品衛生上、問題ありませんか?

A せっかくマレーシアに住むのであれば、少しぐらい小汚いレストランや屋台で地元の料理を楽しんでもらいたいです。

気温は高いし、調理場が外にあったりすることも多いので、そういったお店では生モノや貝類などは控えたほうが良いかもしれませんが、病は気からといいますので、気にしすぎずに楽しみましょう。

Q 大人はともかく、子供が食べられるものもありますか?

A 中華、マレー、インド、いずれも辛い料理が多いので、お子様と一緒に外食となると、なかなか頭を悩まします。選択肢は多くないですが、どのレストラン(たとえインド料理であっても)でも辛くない料理もありますし、辛くないように調理をしてもらうこともできたりします。いろんな意味でグローバルになってもらいたいですね。

■医療

Q ジョホールの病院のレベルはどうですか?

A サファイア8近くのRegency Specialist HospitalやKPJ、Iskandar PuteriのGlen Eagles Hospitalなど、大きな病院の施設やレベルは日本と変わりません。医療ツーリズムといって、わざわざマレーシアに医療を受けるためだけに来る人も増えているぐらいですので、心配はありません。

病院の詳細はこちら

ちょっとしたカゼなどの病気であれば、街中にある小さなクリニックが便利です。遅くまで営業しているところが多く、仕事や学校が終わってからの時間でも問題なく診察を受けることができます。保険対象外でもそれほど高くないので安心です。

Q 日本語が通じる医師はいますか?

今現在は、まだ日本人医師はいらっしゃらないかと思いますが、Taman Molekエリアに日本語通訳が常駐しているクリニックがあります。
少し日本語ができるかな・・・程度の人はまれに見かけるようになりました。パンフレットを日本語で準備している病院もありますし、いずれはしっかりとした日本語対応ができる病院も増えてくるのではないかと思います。

■住居

Q 家探しはどのようにすれば良いでしょうか?

A 賃貸についてはこちらをご参照ください。「よくあるご質問-賃貸

■学校

Q ジョホールのインターナショナルスクールが注目されていますが、どのような学校がありますか?

A ジョホールのインターナショナルスクールの詳細はこちら