MM2Hビザ取得

home_h1bottomline

マレーシア・セカンド・ホーム・プログラム

MM2Hビザとは

mm2hMM2H(Malaysia My Second Home・マレーシア・マイ・セカンド・ホーム) プログラムはマレーシア政府によって推進されている外国籍の人のための 長期滞在ビザです。年齢制限や宗教上の制限もなく、経済面での申請条件をクリアすれば どなたでも取得できます。MM2Hを取得するとマレーシア政府より10年間の長期滞在が許可されます。 MM2Hは永住権ビザではありませんが、10年後以降の更新も可能です。
配偶者、21歳未満の未婚の子女、60歳以上の両親を帯同することを許されます。
従来、退職後にゆとりある生活を海外で送りたいという方からの人気が 高いMM2H ですが、最近ではマレーシアでの資産形成や財産のリスクヘッジを考える30 代から50 代の方の申請が増えております。
数年前まで、オーストラリア、タイなど外国人を意識した長期滞在ビザの取得が可能でしたが、現在はとても厳しい制限や億単位の投資資金が必要な国も多くなっているのが実情です。 治安も良く、温暖で時差も少なく日本人にとって数少ない条件が整った国がマレーシアです。

MM2Hビザ 申請条件

MM2Hの申請は「仮承認」と「本承認」の2段階になります。第一段階の「仮承認」は書類審査になり、主に申請者の資産と収入状況を見ます。 この段階では申請者がマレーシアに来る必要はありません。第二段階の「本承認」の際には申請者がマレーシアに来て、ビザを発行してもらいます。申請条件は申請者の年齢によって異なりますので、該当する申請条件をご確認ください。

50歳未満の申請者

「仮承認」の条件
1. 最低50万リンギット以上の財産証明 ※1
2. 月額1万リンギット以上の収入証明
・預金残高証明は、申請時からさかのぼり3ヶ月間、各月、規定額が預金されている残高証明が必要です。
・配偶者と同時に申請する場合は配偶者名義の預金残高証明も加算可能です。
※1 財産とは銀行預金、有価証券、投資信託、国債などが含まれます。
「本承認」の条件
1. 上記で証明した財産のうち、30万リンギットをマレーシアの金融機関 に定期預金すること。※2
※2 定期預金は、2年目以降、医療費、家の購入、同行した子供の教育費目的に 15万リンギットを引き出す事が可能です。MM2Hでマレーシアに居住している期間中は残高15万リンギットを定期預金で維持する必要があります。

50歳以上の申請者

「仮承認」の条件
1. 最低35万リンギット以上の財産証明 ※3
2. 月額1万リンギット以上の収入証明または年金証明※4
・預金残高証明は、申請時からさかのぼり3ヶ月間、各月、規定額が預金 されている残高証明が必要です。
・配偶者と同時に申請する場合は配偶者名義の預金残高証明も加算可能です。
※3 財産とは銀行預金、有価証券、投資信託、国債などが含まれます。
※4 年金証明は基礎年金の他、厚生年金と政府が承認した企業年金も含まれます。
「本承認」の条件
1. 上記で証明した財産のうち、15万リンギットをマレーシアの金融機関 に定期預金すること。※5
※5 定期預金は、2年目以降、医療費、家の購入、同行した子供の教育費目的に 5万リンギットを引き出す事が可能です。MM2Hでマレーシアに居住している期間中は残高10万リンギットを定期預金で維持する必要があります。

MM2Hビザ 申請の流れ

1.申請条件を確認し、取得の可能性を確認します。
2.申請時期、申請準備のスケジュールを計画します。
3.申請書類を作成、経済的証明などの資料を収集し、申請書類一式を揃えます。
4.マレーシアのMM2Hセンターに書類の郵送・提出をします。
5.マレーシア政府がビザ申請の審査をします。現在、仮承認が下りるまで約2~3ヶ月かかります。
6.MM2Hビザの仮承認後、6か月以内にマレーシアに渡航し、現地で銀行口座開設、健康診断、医療保険加入の手続きをします。
7.MM2Hセンターに本申請をします。
8.移民局にてMM2Hビザが承認され、「MM2Hビザ取得」となります。

MM2Hビザ 必要書類

  • 個人の簡単なバックグランドとMM2Hビザの申請理由
  • カラー写真(縦50mm×横35mm)(4枚)
  • 最新のパスポートの全ページのコピー(白黒写真モード)
  • 写真のあるページをもう一枚
  • 健康保険証または運転免許証のコピー
  • 戸籍謄本一通
  • 無犯罪証明書
  • 金融機関発行の英文残高証明書
  • 直近3ヶ月分の給与明細書および昨年度の源泉徴収票
  • 収入が年金のみの場合は年金支払通知書等
  • 主申請者本人と配偶者の過去10年分の職歴・役職とお勤めの会社の会社概要
  • 最終学歴、お持ちの資格

 

MM2Hビザ Q & A

Q ビザを取得したら必ずマレーシアに住まないといけないの?

A このビザは10年間有効ですが、特にマレーシアに住む義務や必要はありません。また10年後はさらに10年間の更新が可能です。

Q  申請代行費用以外にも、諸経費としていろいろかかりそうなのですが、全体でどれくらいかかるのですか?

A 全体ですと、単身で申請の場合、約380,000円かかります。ご夫婦の場合は、約480,000円かかります。(あくまで目安です)その時の為替変動によって変わります。かかる費用は、当社申請代行費、パスポート認証費、英文翻訳認証費、10年間のビザ印紙税、ビザ発給費、健康診断費用、医療保険料、クアラルンプールへの渡航用航空券、ホテル宿泊費用などになります。(もちろん航空券代金や宿泊費は時期・航空会社・宿泊日数などにより変わります)

Q  条件となる金融資産残高の証明ができないのですが、何かいい方法はありますでしょうか?

A ご夫婦で申請の場合、2名分の資産や収入を合算することができます。

Q  条件となる年金がRM10,000(約300,000円)に足らないのですが大丈夫でしょうか?

A 年金の場合、RM10,000(約300,000円)に足らなくても金融資産(現金預金・株式・信託等)の残高をRM350,000(約1,050万円)より多く満たせば通ることもあります。その場合はやはりできるだけ残高が多い方が有利にはなります。

Q 申請から取得までどれくらいかかるの?

A お客様によって異なります。MM2Hセンターより仮承認レターが発行されますが、申請書類提出後おおよそ2~3ヶ月かかります。仮承認レターが発行されましたら6ヶ月以内に申請者全員の方が一度クアラルンプールへ行っていただく必要があります。そこで、1~3日でMM2Hビザを取得できます。すでにマレーシアで銀行口座をお持ちの場合は事前にMM2H用の定期預金をすることができますので、最短で平日1-2日で可能となりますが、口座をお持ちでない場合は現地へ到着後開設し、その後日本からその口座に定期預金用の資金を送金していただくことになりますので、最低平日3-4日間ほど必要となります。

Q クアラルンプールへ行く前に事前に銀行口座を開けたいのですが、何か方法はありませんか?

A マレーシアでは原則として私たち非居住者の外国人が銀行口座を開設することができなくなっておりますが、MM2Hセンターからの仮承認レターがあれば銀行・支店は限定されますが可能な場合があります。

Q 仮承認後、6ヶ月以内にマレーシアに行かなかった場合はどのようになりますか?

A 承認レターが発行された後、6ヶ月以内にクアラルンプールへ行ってビザ受領の手続きを行わなかった場合、その申請は取り消しとなります。その後取得したい場合は、改めて申請が必要になります。

Show currencies in: